【登録銘菓】文銭最中 小豆・栗


皮むき餡に鹿の子豆を合わせた、「小豆」と、風味豊かな栗の実をたっぷり使った「栗」の2種類です。包みを開くと香ばしい最中の香りが食欲をそそる、文銭堂本舗の看板商品です。

寛永の昔、京都方廣寺の大仏様から通貨(文銭)が造られ人々から大仏様の化身として無病息災のお守り、又財布の種銭として大切にされました。この寛永の故事により文銭の銘を戴きました。

古来より、最中の名前は「最中の月」(中秋の名月の別称)に由来しています。その形は満月のように欠ける事の無いまるい形をしており、物事が一番盛んになっている状態を表すことから、慶弔を問わず広く愛されております。

商品名

文銭最中(小豆)・文銭最中(栗)

日持ち

7日※夏季は5日

価格(税抜)

小豆120円・栗150円

販売期間

通年

お客様の声

  • 最中はチョット苦手でしたが、これだったら食べられます。
  • 皮のふんわりした食感が大好きです。東京からのみやげに喜ばれます。気張らず若い人から年配者までに丁度良い大きさの最中です。
  • お上品でまろやか、口の中でとろけ、美味で本当に美味しく頂きました。
  • 栗もなか、たいへん美味しかったです。東京へ旅行したら購入しようと思います。

通販ページ

通販でもご購入頂けます。下のボタンよりどうぞ。

通販ページへ